ジャージーガール通信

アメリカ生活における面白発見、便利情報などを発信しています。

ホームベーカリー 新しいレシピ

今日は念願のナッツ入りのパンに挑戦しました♬

クイジナートに付いてきたレシピはたくさんあるので、飽きるまで時間がかかりそうです。

初めてミックスを使わずに焼いたのは、とても基本的なWhole-Wheatのパンでした。

www.ja-ji-girl.com

 

レシピと注意点

本日のパンは、Nutty Whole-Wheat Bread、ナッツ入りのWhole-Wheatパンです。

f:id:jgnews:20210218075221j:plain

前回のパンにナッツが足されただけのようなのに、レシピは微妙に違います。

今回買い足さなくてはならなかったものは、一番上にリストされているバターミルクです。

室温に戻すことが大事な材料

このパンはタイマーをセットして焼くことができなかったので、昼頃食べることを目標に、朝起床後すぐ、分量を量ったバターミルク、バター、メープルシロップを室温に戻しておきます。

レシピにも書いてありますが、室温であることがとても大事なので、他のことを始める前に冷蔵庫から出しましょう。

材料を加える順番

材料リストの上から順番にパンのお釜に入れていきます。

これは前回Whole-Wheatのパンを作ったとき、読み飛ばしていたのですが、「材料は、レシピに書いてある上から順番に入れましょう」と書いてありました。

前回は、液体→粉→イーストの基本的な順番は守ったのですが、「粉」のカテゴリーの中では適当な順番で入れていました。

バターを勝手に固形物ととらえ、結構最後の方に入れた記憶があります。

このレシピによると、バターは3番目に入れないといけないようです。

ベーカリー・パネルの操作

ナッツ以外の材料を全部なべに入れたら、4種類のオプションを選んで押します。

プログラムはWhole-Wheatと同じ3、焼き色はメディアム、サイズは1パウンドを選びます。プログラム3は全工程で3時間57分かかります。

スタートして47分、残り時間3:10の時点で、ナッツを入れる機会があります。

パネルに表示されるのは残り時間です。

 

f:id:jgnews:20210308071108j:plain


ベーカリーのビープがなって、パネルに"ADD IN"と出ている間に、蓋をあけてナッツを足します。

その時の生地はこんな感じです↓。

f:id:jgnews:20210303075713j:plain

 ナッツはあらかじめ測っておくとすばやくできます。

加えたナッツは、1/2カップのパンプキンシードとひまわりの種。

ナッツの種類に決まりはないですが、小さめの種がいいみたいです。

f:id:jgnews:20210303075438j:plain

 

ナッツを加えて、ベーカリーの蓋を閉めるとまた作業が始まります。

次にビープが鳴るのは開始後約1時間半で、ベーキングが始まる前、生地をこねる羽をとることができます。羽はつけたまま焼いても構いません。

焼きあがった後の注意事項

焼きあがるとこんな感じです。

今回は、ベーカリーの保温機能を使わず、すぐ取り出して粗熱をとりました。

f:id:jgnews:20210308072629j:plain

冷めたら切り分けます。

切り口はこんな感じ。

f:id:jgnews:20210308072715j:plain

 

まとめ

ブレッドミックス、Wheatのパンを焼いてきましたが、このパンが一番おいしかったです。

少し密度が高いかな、と感じます。一切れでもかなり腹持ちします。
ナッツがもっと入っている方が好みなのですが、パンやケーキなどの焼き物は、材料同士の比率が重要みたいなので、勝手に多めにするのはだめかもしれません。

まだ初心者ですので少しずつ改善していきたいと思います。