ジャージーガール通信

アメリカ生活における面白発見、便利情報などを発信しています。

フロリダゴルフ ウェアは何を持って行く?

義理の両親の家へ向かう途中(というかこちらがメインだったりして)北フロリダにあるファーナンディーナビーチに寄ってゴルフしていきます。

www.ja-ji-girl.com

 

フロリダ

フロリダは南北に長く447miles (721km)あります。

ですので場所によっては「フロリダ=一年中常夏」が当てはまらないところもあります。

私たちの最初のストップ、ファーナンディーナビーチは、ジョージア州との州境に近い所にあります。

12月だとかなり寒い日もあります。

次の目的地はボカラトンで、同じフロリダでもかなり南にあるので、年中暖かい(暑い?)と言っても差し支えありません。

f:id:jgnews:20210417091806p:plain

ファーナンディーナビーチで着るウェア

通常12月に行くので、ニュージャージーよりはさすがに暖かいのですが、半袖、ノースリーブは私には寒すぎます。

風、太陽がどのくらい出るかによって体感気温はかなり変わるので、出発前に大体の気温をチェックしてもプレーの日まで何を着るかは決められません。

12月に多い服装は、

長袖のトップ、スコートまたは春秋用パンツ

半袖トップ、セーター、スコートまたはパンツ

海沿いは風が強くなるので、ウインドブレーカーが必須です。結構着る機会があるので、スコートやパンツに合わせた色2着くらい持って行きます。

女性の場合、

襟のあるトップは袖なしでもよい。=ノースリーブ(アメリカではスリーブレスと呼ばれます)のポロシャツはOK

襟のないトップは袖がないとだめ。=ボートネックの長袖、半袖はOK。

の決まりのところがほとんどです。

襟なし、長袖のものを持って行くと旅行中の普段着にもなるので、私は多めに持って行きます。

f:id:jgnews:20210418093101j:plain

ibukulのものは暑い日にも着られて便利。

 

ボカラトンで着るウェア

ノースリーブポロ、スコートまたはショートパンツ

日よけ用の長袖トップ、スコートまたはショートパンツ

スコートは、コットンよりクイックドライなどの素材の方が、持って行っても皴にならず、急な雨に濡れた時も乾きやすくておすすめです。

プライベートクラブではちょっと微妙と思われるショートパンツも、南フロリダでしか着れないので持って行きます。

朝早いスタートで肌寒いときのために、コットンのセーターやカーディガンがあると便利です。

降雨率が高い日は、ウィンドブレーカー兼レインウェアをバッグに携帯していきましょう。

ニュージャージーでは、黒・白の組み合わせにすることも多いですが、日差しが強い南フロリダでは、カラフルな色が生えます。

フロリダのパブリックのゴルフ場のプロショップは、レディースもたくさんあるので、少なめに持って行って、現地調達するのもありです。

よいお土産になると思います。

f:id:jgnews:20210418093214j:plain

フロリダには黒以外のベーシックカラーを持って行くようにしています。

一般的なドレスコード

パブリックゴルフ場の場合、禁止されている服装以外は何を着ても大丈夫です。

ほとんどのゴルフ場で禁止なもの

ジーンズ、Tシャツ、ホルターネック、タンクトップ、ジョギングショーツやヨガパンツ、カーゴパンツ、短すぎるショートパンツやスコート

などが代表的です。

ゴルフメーカーのものを着る必要はありません。

基本的に、肌の露出が多いもの、身体に密着しすぎているものがダメですね。

 

プライベートゴルフクラブでは、スコートの長さもきっちり決められているところもありますが、実際測りに来ることはないので、常識的な服装なら大丈夫です。

 

 まとめ

フロリダで何か所か別な場所でゴルフをする場合、天気と気温をチェックし、色々な状況をカバーできる服装を持って行く必要があります。

長袖、半袖、スコート、パンツなど少しずつ持って行くのがよいです。

天気が予想と違ってウェアが足りないときは、現地調達か、コインランドリーで洗濯することもできます。

オフゴルフでも兼用できるものを持って行くと、荷物を減らすことができます。