ジャージーガール通信

アメリカ生活における面白発見、便利情報などを発信しています。

ゴルフハンディキャップがじわじわ上がってきた

最近の悩みはやはり年のせいか、ハンディキャップがじわじわと上がってきてることです。

ホームコースはタイトなホールが多く、ボールをまっすぐ打てない人にはスコアメイクが難しくなるコースといえます。(ただの言い訳?)

f:id:jgnews:20190824035618j:plain

桜の木がたくさんあるきれいなコースなのですが、ドライビングが難しい。

アメリカでのハンディキャップインデックスは、スコア毎にHandicap Differentialを計算することから始まります。

自分で計算する必要はありません。

Appにスコアを入れるだけですが、計算式は以下の通りです。

(スコアーコースレーティング)x113/スロープレーティング

ちなみに113は、アメリカで標準とされる難しさのコースのスロープレーティングです。

例えばコースレーティング72.2、スロープレーティング134のコースで、18ホール90のスコアで回った場合、 (90-72.2) x 113 / 134 = 15.0で

Handicap Differentialは、15ということになります。

f:id:jgnews:20190824055612p:plain

 同じ85のスコアでもコースの難しさによって、Differential(上のチャートでDiffとなっているところです)が違ってきます。

8月3日のコースの方が簡単なレーティングなのでDifferential は3くらい上がってしまいます。

ハンディキャップインデックスは、直近20回のスコアの内、ベスト10のDifferentialの平均です

なのでこのDifferentialを下げてあげる必要があります。

さてどうするか。

よくやるのは、簡単なコースへ行きロースコアを出すことです。

でも今やってみようと思っているのは、同じホームコースでもシニアやレギュラーティーからプレーして、コースレーティングを難しくすることです。

f:id:jgnews:20190824033937p:plain

GHIN Appのスクリーンショット。ホームコースのレイティング。

いつもはRedティーからプレーですが、シニア用のGoldティーからプレーすることによってコースを少し難しくすることができます。


Goldティーはコースレーティングで1以上、スロープレーティングで3、Redティーより難しくなっています。

 

二つのティーは各ホール、距離的には5ヤードか10ヤード程度しか違わず、ほとんど変らないスコアで上がれそうです。

今後ちょっとGoldティーからプレーして、ハンディキャップを下げられないか頑張ってみようと思ってます。

いずれはWhite/Goldからふつ~うに回れるようになれるといいです。